PHP Tips::number_format()

こんにちは。
久しぶりの更新は、PHPのTipsです。
今回は金額表示フォーマット「number_format()」のご紹介です。

number_format()を使え!

金額表示ってカンマ入りの方が見やすいですよね。
3桁ごとに,って入ってるやつ。

これをPHPでやるのは簡単にできちゃいます。

$number = 10000;
//,付けて出力
echo number_format($number);

この実行結果は「10,000」です。

実用的な例で出すとしたら、正の数で4桁以上の数字を対象にするので、

$number = 10000;
//ctype_digit()で正の数チェック
//strlen()で桁数が4桁以上の場合に処理
if(ctype_digit($number) && strlen($number) >= 4){
	echo number_format($number);
}else{
	echo "エラー入力:" .$number;
}

カンマを取り除きたい場合

逆にカンマ(,)を取り除きたい場合もあると思います。
その場合は、str_replace()を使用します。
文字列の置き換えを行う関数です。

$number = "10,000";
//,を取り除く
echo str_replace(',', '', $number);

これは「,」を「」に置き換える例です。
出力結果は「10000」となります。

とまあ、こんな感じで金額表示にフォーマットの取り扱いTipsでした。
またね

  1. コメント 0

  1. トラックバック 0

return top